子育てパパの成長ブログ

子育てを通じて、子どもから学ぶことや成長を記録していくブログです。

MENU

風邪引いたときは水分取って良く寝ましょう!

長男が発熱してから3日間、やっと熱も下がって元気になってきました!

 

咳だけがまだ症状として残っていますが、熱は平熱に戻り、鼻水も止まったみたいです。

 

長男は普段あまり風邪を引くことがないため、1度体調を崩すと長引きます。

 

逆に長女は数カ月に1回熱を出すことがありますが、1晩寝たら下がっていることが多いです。

 

男の子と女の子でもこういう特徴があるのかな?

 

12月に入り全国的に急に冷え込んできました。

 

季節の変わり目は寒暖差が激しく、子どもたちの服装や室温調整など難しいです。

 

大人でも季節の変わり目は体調を崩しやすいので、家族そろって免疫力を上げておきたいですね!

 

免疫力を上げる方法はいろいろありますが、私が普段から意識していることは“適度な運動”、”適度な休息”、“適度な栄養”です!

 

この3つのバランスが崩れてしまうと体調を崩しやすくなると思います。

 

“適度な運動”は、子どもたちであれば幼稚園や保育園に通っていることで園内の生活の中で身体を動かすことが多いと思うのでそれほど心配はいりませんが、大人の場合はどうせしょう?

 

学生から社会人になると、急に運動習慣が減る方も多いのではないでしょうか。

 

デスクワークの方やコロナ禍でリモートワークの方などは、一日に何歩歩いているでしょうか。

 

一昔前に“1日1万歩の健康法”なんていうのもありましたが、1万歩が良いか悪いかは置いといて、歩くことは大切だと思います。

 

最近ではスマホ歩数計が標準機能として搭載されている機種も多いですが、1日にどれくらいの歩数を歩いているか確認したことはあるでしょうか。

 

私は、仕事の時はだいたい7000~8000歩、休日もなるべく普段と変わらないくらい歩いたり、ジムに行くように意識しています!

 

”適度な運動”は、個人個人の運動習慣や体力面等によるので、自分に合った運動を設定して年齢とともに体力が落ちていくことを避けたいですね。

 

“適度な睡眠”も、子どもたちは親の生活状況に左右するかもしれませんが、睡眠時間が短い子どもは、睡眠時間が長い子どもよりも学力が低いという研究もあるくらいなので、普段の生活リズムを考えて、子どもの睡眠時間を設定してあげることが大切かと思います。

 

ある調査では、睡眠時間が9時間、8時間、7時間、6時間、5時間、5時間以下の小学生の成績を調べたところ、ほぼ睡眠時間の長さに比例してテストの点数が良かったという結果が出たそうです。

 

また、6~7歳の子ども対象に睡眠時間が10時間以上の子に比べ、10~9時間の子で1.49倍、9~8時間の子で2.87倍肥満のリスクが高くなるそうです。

 

他にも、人間にはドーパミンノルアドレナリンを制御して精神を安定させる働きを持つ”セロトニン”という神経伝達物質がありますが、小学校4年生~中学3年生までの2300人を対象にした調査では、イライラ感の強い子の半数が深夜0時以降に就寝して、朝食を摂らずに学校に行くことが分かったそうです。

 

子どもの睡眠時間が短いことによるメリットはないですね!

 

子どもが小さいうちは親と一緒に寝ることが多いかと思うので、親の行動で子どもの睡眠時間が決まりそうですが、小学校高学年くらいになると1人で寝ることも多いと思うので、夜更かしをしないような生活リズムを小さいうちから習慣づけておくことが大切だと思います。

 

我が家では共働きということもあり、どうしても就寝時間が21:00~22:00くらいになってしまうことが多く、朝も6時起床なので8時間~9時間くらいの睡眠時間といったところです。

 

これ以上睡眠時間が短くならないように注意しながら、小学生に向けて生活リズムを整えていきたいと思います!

 

”適度な栄養”については、また後日書きたいと思います!

 

小児科巡り。

普段あまり体調を崩すことがない子どもたち。

 

ここ最近急に気温も下がり、季節柄インフルエンザも流行し始めている中、先日長男が熱を出して保育園をお休みしました。

 

私はたまたま仕事が休みだったため、長男の看病をすることができましたが、共働き世帯は子どもが体調を崩した時に夫、妻どちらが休むか決めるところから大変です!

 

自分が体調悪ければ優先的に休まざるを得ませんが、だいたいのご家庭が子どもから風邪を引いてしまったり、子どもから発症し風邪を移されてしまったりすることの方が多いのではないでしょうか。

 

我が家では、長女が先に風邪症状が出てしまって、熱はなかったですが鼻水と軽い咳が出ていて小児科を受診しました。

その時は鼻水と咳止めをもらい、長女はその後悪化することなく経過していましたが、先日長男も鼻水と咳の症状が出てきてしまい、小児科を受診することに。

 

長女同様に鼻水と咳止めをもらいましたが、長男はその後熱も出てしまい、季節柄インフルエンザも考えられるため、検査も含めて再度小児科を受診したところ、インフルエンザの検査(コロナウイルスの検査も含め)身近(近所や保育園内)に感染者がいない場合は検査することは子どもの負担になるからやらないっと言われてしまい、解熱剤を処方されるだけで終わってしまいました。

 

病院の方針でもあるかもしれませんが、インフルエンザも流行してきている中で、親が検査をお願いしても実施してくれない場所もあるんだなっと感じました。

 

長男は熱も高かったので、私的には検査をしてほしかったので自宅周囲の別の小児科にも連絡して検査可能か確認してみました。

 

小児科はかかりつけの病院以外に受診したことがなかったため、今回いろいろと調べてみましたが、コロナウイルスが流行してからなのか分かりませんが、“初診の方は受け付けてません”とか“発熱外来はやっていません”など病院のホームページを見ると対応が限定される文言が記載されているところが多かったように感じます。

 

もちろん病院側も感染拡大を最小限にするための取り組みだと思うので仕方のないことですが、いざ子どもが体調を崩した後に病院を探すと結構大変でした。

 

今回はインターネットで調べて、小児科があるところや対応してくれそうな病院を探して直接電話して聞いてみましたが、3件は断られましたね。

 

4件目で、そこも“初診の場合は対応できないか長くお待たせしてしまう可能性があるので直接電話で問い合わせてください。”っと書いてあったので、電話してみたところ受け入れてくれるとのことだったので行かせていただきました。

 

車で病院に向かい、1時間以上は待ちましたが、その後インフルエンザABとコロナウイルスの検査をやってくれて、どれも陰性が確認できました。

 

我が家は自家用車があるため車で行って、車内で待機することができましたが、今の時代車を持たないご家庭も多いと聞くので、このような場合に自家用車を持たないご家庭はより大変だろうなって感じました。(レンタカーを借りて待機するのかな?)

 

結局8:00くらいに家を出て、小児科を2件回ることになってしまったため帰宅したのは12:00くらいになってしまいました。

 

その間も長男は39℃前後の高熱が出ている状態で、熱痙攣とかその他の症状が悪化しなかったから良かったですが、体調が悪い中長い時間外出させてしまい申し訳なかったです。

 

親としては検査してもらいたいから受診したのに、検査してくれないなら検査してくれるところを探すと思うので、最初の小児科で検査してくれたら良かったのにっと思う次第です。

 

【今回の教訓】

・かかりつけ医は必要だけど、そこ以外にも近隣の小児科を受診しておいて診察券やカルテを作っておくことで何かあった時の選択肢が増える!

・病院にも休診日や都合があるので、事前にチェックしておく

・コロナ禍になり、それ以前と対応が異なっている病院が多いと思うので、発熱外来可能な病院を確認しておく

・住んでいる地域や環境にもよるが、我が家では自家用車はやっぱり必須だと感じた

 

上記は子どもだけに限らず、大人でも同じことが言えそうです。

体調を崩すことが少ない方、大人でも子どもでもいつ何が起こるか分からないので事前のチェックは必要です。災害と同じですね。

 

当事者にならないとなかなか行動に移しにくい(優先度が下がってしまう)かもしれませんが、今回私は身をもって実感しました。

 

この記事を読んでくれた皆さん、ご参考までに。

 

どこで覚えた?その言葉。

子どもたちの言動をみていると、家で絶対に使わないような言葉を突然使うことってありませんか?

 

先日の休みの時、一日子どもたちと一緒に過ごしていた時のことです。

 

お昼ご飯を作って一緒に食べていた時、いつも長女は最後まで自分で食べきることができず、途中から”お手伝いして~!”っと言ってくるのが定番で、この時も同じような感じで途中から手伝ってあげていました。

 

なるべく自分で食べてほしいと思うので、お手伝いしつつも自分でできそうな時はスプーンや箸を持たせて最後までできるという経験を身に付けて欲しい私。

 

手伝いながらも途中で箸を長女に渡そうとした時、長女から”やってちょんまげ(笑)”っと突然言われました!

 

家ではそんな言葉を使ったことなく、長男も言ったことはないと思うので突然長女から言われてビックリしました!

 

言った本人も少し恥ずかしそうに笑いながら言っていましたが、保育園で覚えてきたのでしょうか。私も子どもの頃に言ったことがあるような気がしますが、久々に”やってちょんまげ”なんて言葉を聞き懐かしい感じでした。

 

長男も時々家では言わないような言葉を口にすることがありますが、最近では“じゃんけん”をする時に“最初はグッチョマッチョひげマッチョ”っとよく言っています。

 

最初は何言ってるのか分からず、何の言葉なのかも分かりませんでしたが、保育園でじゃんけんする時に必ずこの掛け声で“じゃんけん”をするみたいです!

 

しかもこの掛け声の時は負けた方が勝ちになるというルールみたい。

 

どこの言葉でしょうか?

どこのルールでしょうか?

 

誰が教えたのでしょうか?

 

詳細は分かりませんが、長男の中ではもう染みついている言葉みたいです。

 

他にも長男が年中だったことに、その時の年長さんから“しりとり→りす→すいか→カメラ→ラッパ→パンツ→釣れた→大変だ”の流れを如何に早く言えるかを競っていたみたいで、自宅でもひたすら練習していた時期がありました(笑)

 

共働きの我が家では、子どもたちの生活の大半は保育園での生活になります。

周囲の先生のサポートがあってこそ、周りの友達との生活があってこそ子どもたちはすくすくと成長することができています。

 

保育園で学んでくることは多く、子どもたちの通っている保育園は年間で様々な行事が多いところなので、たくさんの経験をさせてもらっているなって感じます。

 

子どもの成長の中で10歳までの経験が非常に大切という話を書きましたが、将来子どもたちが成長した時に、“小さい頃こんな言葉使ってたよね。”とか”小さい時こんなことしてたよね。”っと振り返る時期が来ることを楽しみにしてようかと思います!

 

長男の維持と根性!

先日更新した1分間チャレンジですが、その後も継続して実施しています!

 

asataka-knowledge.hatenadiary.com

長男の目標である”バク転をする!”に向けて壁倒立を1分間維持することを頑張っていますが、まだまだ1分間できる時とできない時があり、その日その日の調子によって本人なりに違うようです。

 

1週間続けていると3/7くらいの成功率と言ったところでしょうか。

 

また、10秒×6種類の運動に関しても私が仕事から帰宅して長男を誘うと必ず一緒にやってくれるので、こちらも継続して実施できています!

 

asataka-knowledge.hatenadiary.com

 

asataka-knowledge.hatenadiary.com

 

先日読んだ子育て本に“習慣づけは、スタートの時期が早ければ早いほどうまくいく”っと書いてありました。

 

鹿屋体育大学助教授の児玉光雄先生の言葉ですが、人間の脳細胞は生まれた時から増えることはなく、年を経るごとに減っていきます。しかし大事なのは脳細胞の数ではなく、脳細胞同士のネットワークが重要です!

シナプスと言われる脳神経細胞同士を連携するラインによって繋がることでそれぞれの情報を交換して、より複雑な機能が構築されていきます。

このネットワークの強化は10歳頃までがとても大切な時期とされているため、この時期の脳にはハードワーキングをさせるべき!

しかし、強制するわけではなく、あくまでも子どもの意志で自主的に行うことが重要とされています。

親は子どもが自主的に取り組めるような環境づくりをしてあげることが大切と言われています。

 

私もこの本を読む前から意識していて、親からのトップダウンの教育は、いずれ子どもの反発を生んでしまったり、拒否反応をされてしまうことが予測されるため、あくまでも子どもたちの意志ややる気がないと取り組みべきではないし、子どもたちのやる気に合わせて適切な環境や指導をしていくことを意識しています。

 

今回の壁倒立も、長男からEテレの体操のお兄さん?をみて“バク転がやりたい!”から始まったのがきっかけですが、そこから体操教室に通うようになり、もうすぐ小学生になるためバク転に必要なことを体操教室の先生から聞いて、自宅で壁倒立の練習をするようになりました。

 

しかし、子どもからの発信だとしてもやはり最初は1人でやることは難しいようで、私が仕事から帰宅した時に一緒にやることで長男も取り組んでいます。

 

一緒にやることで長男も一生懸命練習して、壁倒立も1分間はなかなか大変ですが、ストップウォッチを用意してタイムを計ることで残りのタイムが分かり、きつそうな時に”もうやめる?”っと聞いても”まだ頑張る!”っと長男の口から出てくることに成長を感じています!

 

1分間きついけど、自分からやり始めたことなので諦めず頑張る精神は今後にも活かされると思います!

このような経験を小さい頃からどんどんやってほしいし、子どもたちの興味をどんどん引き出していきたいと思います!!

 

長男の勉強。

私が普段このブログを書いている時は、だいたいリビングのパソコンを使用して書いています。

 

先日、私がリビングで記事を書いていると長男が隣に来て”僕もやりたい!”っと言ってきました。

 

私が作業中だったためパソコンは使えず、だからと言って急にパソコンに興味を持った長男をほっとくわけにもいかないため、iPadにキーボードをつけて渡してみました。

 

長男はそれでも満足だったようで、私の隣でキーボードを打つマネをしたり、iPadのメモアプリで適当に文字を入力して楽しんでいました。

 

自分で打った文字が画面に出てくると入力している感じがでて楽しいようです!

 

しかし、長男もただキーボードを打っているだけでは物足りなくなったらしく、先日就学前健康診断に行った時に、正門の前で学習教材のサンプルを配布している方からアルファベットの表をもらい、各アルファベットに絵も描いてあることからそこに書いてある英語を入力する遊びに変更していました!

 

例えば、”A”だったら”apple”、”B”だったら”banana”みたいに、A~Zまでイラストとその下に英語が記載されているため、それを見ながら入力する作業を長男は思いついたようでした。

 

以前からiPadのキーボードは触ることはあっても入力は今回が初めてでしたが、長男が興味を持って取り組む作業は結構集中してやる子なので、Aから入力を始めて覚えていないアルファベットは私に聞きながら入力していきました。

 

キーボードのアルファベットって子どもからすれば順番通りに並んでもないし、規則性があるわけでもないので入力するのに時間もかかりますが、私もブログを書いているのでちょうど良い時間潰しになったと思います(笑)

 

長男も1文字1文字頑張って探して、入力して、A~Zまで30分くらいで入力していました。

 

親がやっていることに興味を示す子ども。

 

今回はパソコン作業に興味を持ち、その後も気づけば毎日のようにキーボードを用意して、適当に入力をしている長男。

 

まだまだ文章の意味やキーボードの配列を理解したわけではないですが、興味を持ったことは可能な限り伸ばしてあげられたら良いなって考えています!

 

ここからプログラミングとかに興味を持っていくのかな?

 

子どもの興味・関心から一歩成長!

 

言葉の力ってすごい!

先日、お風呂に入る時に長女は“ママと入る!”がお決まり文句の記事を書きました。

 

asataka-knowledge.hatenadiary.com

今でもその傾向は続いていますが、先日は長男と一緒に入るように促し一緒に入り、そのプランも時々使いながら妻が仕事から帰ってくるのが遅い時はお風呂に入ったりしています。

 

先日も保育園のお迎えに行き、帰宅後すぐにお風呂に入ろうとしましたが、この時も長女には”ママと入る!”っと言われてしまいました。

 

しかし、この時は少し時間もあったため、いつもと違う方法で誘導できるかと考えてみました!

 

今回は”長女の行動に合わせる”と“長女に発言してもらう”の2つを意識してみました!

 

“長女の行動に合わせる”は、長女はママが居ない時は私と遊ぶことが多いです。

 

長男とも遊びますが、力の差があったり、長男は長男で違うことをやりたいことが多いため私が相手をしてあげます。

 

そして、私が長女の視界から居なくなると、長女はすぐに探し始めて、たとえ私が2階に居てもすぐに追いかけてきます。

 

その行動パターンを考えて、少し遊んだ後の2階に移動し、長女が追いかけてきたら今度はお風呂場の方へ移動してみて、“お風呂入る?”っと聞いてみました。

 

しかし、その時はまだ“ママと入る!”っと言われてしまったため、今度は“長女に発言してもらう”に切り替えてみました。

 

“長女に発言”っと言うのは、お風呂に入るために長男を呼んできてもらう仕事を長女に与えて、リビングで遊んでいる長男と一緒に脱衣所まで来てもらうようお願いしました。

 

長男もリビングで遊んでいたため、すぐにお風呂に入ろうとしてくれません。

 

そこで、長女には私の言葉を復唱してもらい”にいにお風呂入るよ!”とか”来なかったら先に入っちゃうからね!”みたいに長女がお風呂に入るような声掛けをしながら長男を誘うよう言葉を選択しました!

 

そうしたら、長男はすぐには来てくれませんでしたが、長女に”先に入っちゃうからね”っと言ってもらったことで、長女のお風呂スイッチが入ったみたいで、脱衣所で待っていた私の方に長女が走ってきて、急いで洋服を脱ごうと頑張り、長男よりも先にお風呂に入っていきました!

 

何か勝負の火が長女の中でついたのでしょうか?(笑)

 

自分から発言する力ってすごいなって感じました!

 

何はともあれ、今回は長女に長男を誘ってもらうこと、言葉の選択で長女の動きが変わることを目の当たりにしたので、今後同じパターンが通用するのか経過を追っていきたいと思います!

 

なかなか素直に私と一緒にお風呂に入ってくれないことは変わりませんが、長女ももうすぐ3歳!もう少し言葉が発達してきて、物事の理解力や状況をみることができるようになれば変わってくるのかなって感じています。

 

日々成長!

 

子どもたちの変化をみるのはとても楽しいです!

 

発表会本番!

今日は以前からお伝えしている体操教室の発表会がありました!

 

asataka-knowledge.hatenadiary.com

とうとうこの日が来た!って感じで今朝起きましたが、長男は意外にも余裕そう。

 

私の方がなんかドキドキしていました。

 

コロナの影響で集合時間もバラバラで、発表会後もすぐに退館するという話だったので、長男の集合時間が10:30だったので朝は比較的ゆっくり準備できました。

 

長男の課題はマット運動。

 

以前にも書きましたが、私も”表現”するスポーツを経験したことないので採点方法もよく分かっておらず、昨年のことも考えると長男はマットで点数が取れません。。。

(昨年はコロナの影響でクラス内のみの発表会でした。)

 

とりあえず紙面に記載されている注意点は自宅でも何回も復習しましたが、動きたがりな長男はしっかり止まることができません(笑)

 

前転後に止まる。

バランス後に止まる。

ジャンプした後に止まる。

 

なかなか本人の“癖”のようなものなので、何回言っても動いてしまいます。

 

それでも、ここ数日の練習では止まることを意識できるようになり、一つ一つの動作の後に止まれるようにはなってきました。

 

最終的に、出発前にその点だけ復習して発表会の会場に向かいました!

 

到着後すぐにウォーミングアップを開始して身体を温めて、11:00から発表会開始です!

 

長男はマット→とび箱の順番だったため、先にマットの方に誘導され1回だけ練習してました。

 

練習では出発前に練習した部分もしっかりできていて、私的にはかっこよく演技ができていたと思います!

 

練習後はすぐに本番開始!

 

6人グループの3番目だったので、1人目・2人目の演技を見て長男の番でした。

 

長男は体操教室の先生から見ても緊張しやすい性格と言われています。

 

体操教室の初回の頃やサッカー教室の初回の頃のように、慣れない(場所や雰囲気などの)状況だと、普段とおちゃらけた性格から一転、急に緊張しやすくなってしまいます。

 

そこだけが、私たち親としても心配でしたが、いざ長男の番になり演技がスタートした時、、、挨拶した後に最初のポーズを忘れてしまいました。

 

やってしまった(笑)

 

そのまま最初の前転をした後に長男も気づいて、スタート位置に戻りポーズからリスタートしていましたが、おそらく減点でしょう。

 

その後の流れは問題なく演技できていましたが、前の2人に比べると点数は少し低めでした。。。

 

マットが終わったらとび箱です!

 

長男から何段で跳ぶのか聞くのを忘れていたため、始まるまで知りませんでしたが、年長さんはみんな8段で挑戦するようでした!

 

とび箱は1人2回練習してからスタート!

 

長男は8段でもしっかり跳ぶことはできていましたが、跳びすぎてしまう傾向があり、着地でピタッと止まることができていませんでした。

 

そんな中すぐに本番がスタートです。

 

マット同様に3番目だったので、先の2人をしっかり見送っていました。

 

8段にもなると年長さんだとほぼ自分の背丈と同じくらいの高さ。

 

そんな中でも先に跳んだこの1人は身長が高めだったこともあり、跳んだ後にしっかり止まることができており、点数も高かったです!

 

先に跳んだ子が高い点数だと長男はどのような気持ちだったのか分かりませんが、ここでも長男の緊張が先走ってしまい、スターターが合図を出す前に走り出してしまい先生に注意されていました。。。

 

気を取り直してスターターが旗を上げてスタート!

 

助走からしっかり走って、8段しっかり跳ぶことができ、着地もちょっと乱れましたが最後のポーズも決めていました。

 

とび箱は2回跳んで良かった方の点数が記録となるため、2回目の準備をしてスタート!

 

先程よりも高さもあって、跳んだ後の距離もあり、着地はやっぱりちょっと乱れましたがポーズをしっかり決めて終了!

 

とび箱もマット同様に採点基準が良く分かりませんでしたが、長男は2回目の方が点数が高かったので、そちらが記録になりました。

 

2種目無事に終わり競技終了です。

 

幼児の部は全部で20人以上いるため、全員が終わるまで結果がでません。

演技が終わったらすぐに退館するよう指示されていたため、最終的な結果はオンライン上での発表でした。

 

夕方になり指定されたURLで結果発表を確認すると、やはりマットは全体で見ると点数は低く、全体の半分くらいの順位でした。

 

とび箱は着地は失敗していたものの、全体で見ると3位の順位を取ることができていました!!

3位の順位にビックリしましたが、当初長男が目標として掲げていた”1位か2位か3位”の目標と達成することができました!

asataka-knowledge.hatenadiary.com

表彰式はないため、次回の体操教室でクラスごとに発表されるそうです。

マットは悔しい結果になりましたが、とび箱で3位になったことで長男も満足しているようでした。

 

そして、、、

 

次は2月にある親子マラソンです!

4.2kmのコースをしっかり走り切れるように、昨年よりも好タイムが出せるように、今から準備を進めていきたいと思います!

 

早速、今日の夕方に4.9kmを長男と走ってきました!

今まで発表会に向けて準備していたため久しぶりに走りましたが、私も膝が痛いです(笑)。

私自身もコンディションを上げていかなければなりませんね。

 

1年の中でイベントを何個か用意しておくと、子どもたちもそれに向けて準備するよう意識してくれます!

 

”子どもが興味を持つこと”がベースですが、一緒に準備していくと準備期間中でも子どもたちの成長が目に見えるように変化してきて、数値に表すことができることであれば

より明確に変化が分かると思います!

 

できないことができるようになっていく様子を見ていると、改めて子どもの成長ってすごいなって感じます!

 

今回も発表会を通じて最終的には点数が出たり、順位が出たりしましたが、それよりもこれまで発表会に向けて準備してきた長男の努力や本番で緊張しながらも最後まで頑張って演技をしたことをしっかり褒めてあげて、次に繋げてあげたいと思います!

 

子供たちの「心に体力を。」多種目スポーツスクールJJMIX